Home
  • 健康保険の各種手続き
  • 健康づくりのための事業
  • 申請書類一覧
  • 機関誌バックナンバー
  • Web健康相談室
  • ハピルス健康ポータル
  • 働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」
  • 健康保険のしくみ
  • 介護保険のしくみ
  • リンク集
  • 事業所担当者コーナー

保険給付の時効

保険給付の申請はお早めに

イラスト

保険給付の消滅時効は2年となっています。たとえば、被扶養者が出産した場合、当然、家族出産育児一時金などがもらえるはずですが、申請をせずに放っておいたまま2年が過ぎれば時効となり、権利がなくなってしまうのです。くれぐれもご注意ください。

保険給付に関する時効は次のとおりで、その日が過ぎると給付を受ける権利を失います。

  1. 傷病手当金、出産手当金は、就労不能になった日ごとにその翌日から2年
  2. 出産育児一時金、家族出産育児一時金は、出産した翌日から2年
  3. 埋葬料、家族埋葬料は、死亡した日の翌日から2年
  4. 療養費は、患者が代金を支払った日の翌日から2年
ページトップへ